女性樹木医×ママ社長対談 後藤瑞穂さん×島袋尚美

こんにちは、ゆいまーる広報部です。

2021年6月7日、都内の会議室にて、2人の法人代表女性による対談が行われました。

弊社代表の島袋尚美と、株式会社木風(こふう)の代表取締役、会社を経営しながら、ご自身も現場で樹木治療や樹木診断を行っている現役の女性樹木医、後藤瑞穂さん。

今世界的に取り組まれているSDGsやエコにも関連する「緑を守る」ことや、女性経営者としての考えなど、ご自身の経験から語られる魅力的な対談が実現しました。

2人とも沖縄や熊本など、東京に比べて樹木の多い土地で育ったこともあり、対談風景は和やかでざっくばらん。

そんな樹木が豊かな公園のベンチにいるような空気満載の2人の穏やかな対談を、広報部から贈ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第二話 デイゴのツアー開催企画進行中!? まだまだ調査は継続中

株式会社木風様HPより

後藤瑞穂さん(以下:後藤):代官山と奄美大島と葉山にあるお洋服屋さんとコラボ商品つくろうと思ってるんですよ。デイゴ活用事業の中の一つにしようとしてて。

売り上げの一部をデイゴの治療費に回すとか、そういう形にしていきたいと思ってるんですよ。

摘むの大変なんですよ、葉っぱはいいんですが、花が。

だからみんなで行って、花つみツアーみたいなのを来年できたらいいなと思ってて。

島袋尚美(以下:島袋):(スタッフに)うちのお店も、ワークショップツアーにしたらいいんじゃない?

後藤:そういうのあったらぜひ一緒にできると。

島袋:でもすごいですね、デイゴがこんなにいっぱい

後藤:大木が64本あるんですよ。天然記念物指定の。

でもまだまだ調査が続いてまして。

いままで虫が原因だって言われてたんですが、違うんじゃないかっていうことに気付きまして。

神戸大学の先生も違うって言ってて。

私も真犯人を探すべくさらに調査を本格的にやろうって段階。

外来の昆虫がいたずらしているんですけど、でも実際デイゴのやつはどうなのかはもっと調べてみないとわからないんです

まだまだ調査は続いてるんですよね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デイゴのためにできることはまだまだある。後藤社長の向上心が素敵な第二話。

第三話に続きます。

木風様HP:https://kofu-japan.net/

後藤瑞穂さんプロフィール:https://kofu-japan.net/ceo/

島袋尚美プロフィール:https://yuima-ru-tokyo.com/profile/

ゆいまーるHP:http://yuima-ru-tokyo.com/