パラレルキャリアを歩む、パパとママのオンライン対談

〜人生をどう片付けたのか!?片付けパパ×ママ社長〜

「片付けパパ」こと大村信夫さんと、
「ママ経営者」島袋尚美。

立ち上げの背景も仕事も全く違うお二人に共通していたのは、
「自分の大切な時間を、何に使うのか」ということ

理想の人生とは何か、本当に大切にしたいことは何かを決め、その実現のためにやるべきことを選択してきた、
ある意味「人生の片付け」をしてパラレルキャリアを歩んできたお二人の対談を通して、
「人生とキャリアの片付けのヒント」を贈ります。

▶経歴:大村信夫さん
https://an-life.jp/portfolio/10

第一回:「片付け」との出会い
第二回:スタート当初は大反対されていた!?
第三回:女性が輝く社会にしたい!キャリアや子育てについて、男女の目線で語る
第四回:子育ては、子供の前に親世代!ワクワク星人であふれる世の中にしたい!?
第五回:物理的な片付けのコツは?○○を巻き込んで仕組み化しよう!
第六回:ご縁を紡ぐときに意識しているのは、ギバーの精神とミツバチ!大切なのは、マメさ!?
第七回:就活生に向けて伝えたいことは、キャリアは自分で作るもの!○○を大事に!
最終回:片付けパパとママ社長のオススメの本は? 2人の今後の展望にワクワク!

パラレルキャリア対談連載第七回!就活生に向けて伝えたいことは、キャリアは自分で作るもの!○○を大事に!

大場(ファシリテーター):島袋さんは今、就活生向けの働き方コラムだったり就活相談イベントとかもいろいろ発信されてますよね

島袋尚美(以下、島袋):尚美姉さんの就活相談(https://shukatuzyoshikai.com/category/naomi-san/)ですね

大村信夫(以下、大村):スナックのママとかすごく向いてそうですよね(笑)

島袋:向いてそうですよね!私もそう思います!(笑)

大村:僕、パラキャリスナック(https://p-c-s-20200806.peatix.com/)っていうのやってるんですよ。
スナックと銘打って毎回パラレルキャリアを実践してる人をママないしマスターとしてお招きして講義をして頂くっていう。
これも僕のパラレルキャリア布教活動の一つで、一応月2回やってるんですけど

島袋:すごいですよね、すごく時間管理されてますよね

大村:年内(2020年)までもう決まっちゃったので、来年一発目にぜひ

島袋:来年はマタニティの予定なんですが、その状態で行きます!

大場:大村さんも、もしよかったら就活生に向けて想いとか一言あったら
今の就活生って、本当にどんどん社会資本も変わってる中で、今の選択肢もあって、もちろんパラレルキャリアとかも含めて、考えてる人増えてると思うんですよ。
今の大村さんからみて、大学生の方に向けてこういうのを大事にしてるとか、もしかしたらさっきのご縁を大事にしてるとか与えるってことにも繋がってくるかもなんですけど、もしあったら

島袋:ごめんなさい、補足いいですか?
わたしが働き方のコラムなんかでお悩み相談を聞いている子達が、主に女子大生の就活なんですね

大村:女子大生!

島袋:「自分たちはいい所行けないんじゃないか」とか、「結局キャリアなんていうのは一部の頭のいい人達だけのものなんじゃないか」とか、「それよりもさっさと結婚したほうがいいんじゃないか」とか、「コロナで就活進まないし、どうしよっかな~!」みたいな子が多いです。
世の中的なこともあるとは思うのですが、けっこう悲観してる子が多いというか、、、

大村:はい

島袋:「なんで?私こんなに働くの楽しいよ!」って言いたいいんですけど、そんな前提があって。
そんな女の子たちに向けて、何か一言ありましたら

大村:まあ、でもそもそもキャリアって自分でつくるものですもんね。
で、なんやかんやいって人生でそれに縛られちゃう時間も多いじゃないですか。

島袋:多いですね

大村:だったら楽しく生きたいじゃないですか。
だから、知名度っていうよりは、ワクワク星人計画じゃないですけど、「その企業にワクワクするかしないか」とかそういう指標がやっぱり一番いいんじゃないですかね

やっぱりそういうのだと頑張れると思うんです。
だから、例えば親の価値観とか、いいところに行ったら幸せになれるとかの意見はつっぱねてもいいと思いますね。
自分の人生だから、人の意見よりも自分に素直になって、楽しいなと思えることを探すのがいいと思いますね

島袋:確かに、実家の子も多いですね。

大村:でもすいません、僕就活あまりちゃんとやってなかったので、参考程度に(笑)

−−−−−−−−−−

キャリアは自分でつくれる!

働き方が多様化している時代でも仕事している時間は多いので、ワクワクする自分の気持ちに素直に働く場所を選べばいい。

セミナーなどで何人もの人に自身の経験を伝えている片付けパパだからこそ、そのアドバイスは説得力が違いました。

パラレルキャリア対談連載、いよいよ次が最終回です!