パラレルキャリアを歩む、パパとママのオンライン対談

〜人生をどう片付けたのか!?片付けパパ×ママ社長〜

「片付けパパ」こと大村信夫さんと、
「ママ経営者」島袋尚美。

立ち上げの背景も仕事も全く違うお二人に共通していたのは、
「自分の大切な時間を、何に使うのか」ということ

理想の人生とは何か、本当に大切にしたいことは何かを決め、その実現のためにやるべきことを選択してきた、
ある意味「人生の片付け」をしてパラレルキャリアを歩んできたお二人の対談を通して、
「人生とキャリアの片付けのヒント」を贈ります。

▶経歴:大村信夫さん
https://an-life.jp/portfolio/10

第一回:「片付け」との出会い
第二回:スタート当初は大反対されていた!?
第三回:女性が輝く社会にしたい!キャリアや子育てについて、男女の目線で語る
第四回:子育ては、子供の前に親世代!ワクワク星人であふれる世の中にしたい!?
第五回:物理的な片付けのコツは?○○を巻き込んで仕組み化しよう!
第六回:ご縁を紡ぐときに意識しているのは、ギバーの精神とミツバチ!大切なのは、マメさ!?
第七回:就活生に向けて伝えたいことは、キャリアは自分で作るもの!○○を大事に!
最終回:片付けパパとママ社長のオススメの本は? 2人の今後の展望にワクワク!

パラレルキャリア対談連載第四回!子育ては、子供の前に親世代!ワクワク星人であふれる世の中にしたい!?

島袋尚美(以下、島袋):子育てで何か取り組んでいることってありますか?

大村信夫(以下、大村):難しいですよね~
子育ては難しいなって日々感じながら子育てしてます。

島袋:大村さんは、どのように考えていますか?

大村:僕思うのは、子供の好きなことはさせてあげたいって思っています。
子供がなりたいって言ってるものはすべて否定せずに応援するって決めてるんですよ。
これは夫婦の価値観が一致してるんです

島袋:なるほどなるほど

大村:例えば宇宙飛行士になりたいって言ったら、「すごいじゃんそれいいよね」ってちゃんと言ってあげる。
普通の親だったら「それは無理だよ」とか言っちゃう。
それをなくしたいなって思ってるんですよね。
で、その子どもたちの夢を応援する大人になりたいなって思ってるんですが、世の中にはけっこう子どもたちの夢を否定しちゃう大人もいて。
そういう大人に共通してるのは、やっぱりミッションを持ってないとかワクワクしてない人たちなんですよ。

島袋:うんうん

大村:だから僕が思ったのは、せっかく子供を励ましてあげても他の大人に潰されるのはすごく嫌なので、「あ、これ子供の前に親世代というか大人世代が変わらきゃいけない」と思ったんですよ。
で、ワクワクした大人ばかりになればその背中を見て育つ子供世代もワクワクするっていうか夢を持って生きていくというか、だから僕はまず親を、大人世代を変えたいんですよ

島袋:もう、もう、まさしく。まさしくです。私も教員免許を4つ持ってて。
でも結局家庭の影響98%って言うじゃないですか。要は、親になる私達が、20代30代の大人が、「働くの楽しいよ、人生楽しいよ」とか

大村:そうそうそうそう

島袋:「これからでもいくらでも変わっていけるし、変わらなくても全然いいし、自分が中身詰まって生きていったら楽しいよ」とか、そういうメッセージが伝われば子供がグレることもないだろうし、挑戦することも楽しくなるだろうしって思って

大村:そうそうそうそう

島袋:私、(会社員時代に)会社帰り自分で勝手に沖縄県人会と銘打って飲み会を始めまして、今も続いていて、ほぼ月イチでやっております(※この対談が行われたのは新型コロナ流行前です)

大村:いいですね

島袋:子供子供っていうけど、キーになるのは大人ですよね

大村:せっかく子供に夢抱かせても他の大人にね、その夢潰されちゃうのは嫌なので

島袋:例えばもしかしたらいるかもの話なんですけど、先生とかに潰されたらたまったもんじゃないですよね

大村:そうなんですよ!

島袋:「あなたの偏差値じゃここしか無理よ」とか、絶対嫌です考えたくもない

大村:僕は世の中をワクワク星人だらけにしたいんですよ。
もう、ワクワク星人ばっかりにしたい

島袋:私正直、大村さんみたいな方が大企業にいるイメージがなかったです(笑)

大村:あ、でもうちの人間ってけっこうこんな感じのも多いですよ

島袋:ホントですか!?

大村:あ、同業他社は違うかもしれない。
うちは変人が多いんじゃないですか(笑)

島袋:大手とか企業とかというより、やっぱり生き方って人それぞれなんですね(笑)

−−−−−−−−−−

子供のことをあれこれ言うよりも、まずは親が子供の可能性を信じることと、ワクワク生きていくことが大切。

子育ては周りの大人の影響が思いのほか大きいからこそ、大人が変わる必要があると感じたテーマでした。

パラレルキャリア対談連載第五回に続きます!