パラレルキャリアを歩む、パパとママのオンライン対談

〜人生をどう片付けたのか!?片付けパパ×ママ社長〜

「片付けパパ」こと大村信夫さんと、
「ママ経営者」島袋尚美。

立ち上げの背景も仕事も全く違うお二人に共通していたのは、
「自分の大切な時間を、何に使うのか」ということ

理想の人生とは何か、本当に大切にしたいことは何かを決め、その実現のためにやるべきことを選択してきた、
ある意味「人生の片付け」をしてパラレルキャリアを歩んできたお二人の対談を通して、
「人生とキャリアの片付けのヒント」を贈ります。

▶経歴:大村信夫さん
https://an-life.jp/portfolio/10

第一回:「片付け」との出会い
第二回:スタート当初は大反対されていた!?
第三回:女性が輝く社会にしたい!キャリアや子育てについて、男女の目線で語る
第四回:子育ては、子供の前に親世代!ワクワク星人であふれる世の中にしたい!?
第五回:物理的な片付けのコツは?○○を巻き込んで仕組み化しよう!
第六回:ご縁を紡ぐときに意識しているのは、ギバーの精神とミツバチ!大切なのは、マメさ!?
第七回:就活生に向けて伝えたいことは、キャリアは自分で作るもの!○○を大事に!
最終回:片付けパパとママ社長のオススメの本は? 2人の今後の展望にワクワク!

パラレルキャリア対談連載第二回!スタート当初は大反対されていた!?

大場(ファシリテーター):今でこそ「パラレルキャリア」という言葉は一般的に使われるようになってきていて、動かれた当初は、そこまでメジャーだったのでしょうか。
例えば、大村さんの場合は奥さんの反応だとか、島袋さんの場合は旦那さんとか周囲の方の反応とか、なんかその辺のこととかもお聞きしたいです。

片付けパパ・大村信夫(以下、大村):うんうんうん

ママ社長・島袋尚美(以下、島袋):どうでしたか?

大村:そうですね。あの、実は、そうなんですよね。
パラレルキャリアってたしかにそんなに馴染みない言葉で、ここ最近はきくようになりましたね。

島袋:はい

大村:でもそもそも、ドラッカーが提唱していたんですよね。これからの新しい…

島袋:そうなんですか!?

大村:そうなんですよ
僕、6年位前にビジネスパーソンが、なにか気軽に外での活動ができるかなと考えた時に、セミナーに参加することもできる。
ただ、セミナーを主催することもできると気づいて。
その時に始めたセミナーが、ドラッカーのセミナーだったんですよ。

大場:そうなんだ~!

大村:僕がドラッカーを教えることはできないので、ドラッカーに詳しい人を呼んできて、会場と告知をやって。
そのなかでパラレルキャリアっていうのを習ったんですよ。

島袋:へ~!

大場:そのときに言葉を聞いて、どうやって自分の人生に活かそうとなったんですか?

大村:自分が今属している会社だけで自分のやりたいことをすべてやるっていうのは不可能だな~って感じて。

島袋:なるほど~

大村:自分の自己実現を今の会社で満たすのはできないと思ったので。
ただ、別に今の会社の仕事が楽しくないというわけじゃないですね。
それプラスアルファ外でいろいろやりたいな~って思って

パラレルキャリアって副業みたいな感じじゃないですか

島袋:うんうん

大村:それってなんかマネタイズが必要みたいなそういう、なんか重圧もあったんです。
けども、ドラッカーが言ってるのは、別にマネタイズが目的じゃなくて。
この、第2第3の柱、収入の柱というか「人生をなんか充実させるための柱」とわかったときに、「あ、じゃあ好きなこといろいろやっていこう」ってなったんですよね

大場:なるほど!
広げていかれた時って、そっち側に時間をかけてしまったりして、家族との時間が減ったりしませんでしたか?

大村:もともとそのですね、まさにですね、当時はあまり、家に帰らなかったので

島袋・大場:あははははは

大村:そもそも家族の時間はほとんどなかったというか。
ザ・ダメリーマンだったので笑
本当にさっきおっしゃっていたように、パラレルキャリアって、なんか副業とかって見られるとちょっと昔だと会社とかだとなんかだめというか

大村:そうですよね

島袋:怒られるとか、丁度プロボノとかでてきた時期とかで。
あれだとボランティアだからOKだけど、パラレルキャリアだとタブー視されるというかそういうところありましたよね。

大村:そうですね

大場:島袋さんも、動き始めた時に、周囲の反対とか、そういうことありました?

島袋:私金融だったので、禁止!もう、だめそんな!みたいな状態で、言い出せもしない感じだったので、秘密でやってました。
でもやたら早く帰りたがるので、先輩からやる気のない子だと思われたり
私の場合だと、稼ぎたかったのもすごくあって

大村:うんうんうんうん

島袋:当時、旦那さんがアメリカにいて、私は沖縄出身なんで大事な家族が沖縄にいてってなると働く場所が選べないってなると…大手の会社にはいたんですけど、先輩たちが飛ばされていくのをいっぱい見てて

大村:う~ん

島袋:なんかこう、生きる場所を選びたいなと思うと、自分で稼ぎたいっていうのがすごく強くて。

大村:あ~

島袋:逆にいうと会社に絶対に言っちゃいけないとか、そんなこというと周りからどうせ無理だよとか。
それこそ肝心なパートナーには、なんかなんか宗教にでもはまったのか的な笑
やっぱり家族も公務員なんでびっくりはされましたね

大村:うんうん、なるほど。その中でも動いて来られたんですもんね

島袋:そうですね!

−−−−−−−−−−

周りの反対の声よりも、ご自身の理想を大切にされ行動されてきたお二人だから、今の結果があるんですね。
お二人に共通していたのは、「女性が輝ける社会を作ること」!

パラレルキャリア対談連載第三回に続きます!