Little Hands Hawaii Romiさん×島袋尚美 対談イベントレポート

こんにちは!ゆいまーる広報部です!

2021年12月12日、海と子どもに優しい日焼け止め【Little Hands Hawaii*】日本総代理店代表のRomiさんをゲストにお招きし、『自分らしく働く2人の女性に学ぶ 〜今だから考えたい今後のキャリアとサステナブルな暮らし〜』を開催しました。

20代〜30代の女性を中心に20名以上が参加した今回の対談イベント。

やりたいことの見つけ方とは?自分らしく働くために大事にするべきこととは?今だからこそ考えたいキャリアについてなど、対談イベントの様子をレポートしてお届けします。

Little Hands Hawaii 日本総代理店代表のRomiさん×島袋尚美 対談

まずは、登壇したお二人について簡単にご紹介。

一人目は、Little Hands Hawaii 日本総代理店代表のRomiさん。(※以下、Romi)

2016年宮古島にて珊瑚の大規模な白化を目撃し、日焼け止めがそれの起因となっている事を知り、2019年よりSNSにて日焼け止めが海や人体にもたらす影響、日常に取り入れやすいエコ活などの発信。

日焼け止め「Little Hands Hawaii」に出会い、あまりの使い心地の良さと愛に溢れる誕生ストーリーに感動し、販売をスタート。

Little Hands Hawaii…珊瑚や海の生物にとって危険な化学物質は使用せず、100%天然成分のハワイで生まれたオーガニックな日焼け止め。動物実験をしておらず、子どもでも使用できる安全性と石鹸で落とすことができるという使いやすさ、また、プラスチックフリーで海や子どもにも優しい商品。

二人目は、株式会社ゆいまーる代表取締役の島袋尚美。(※以下、島袋)

エンジニアとして証券会社にて勤務しながらダブルワークで立ち上げの準備を開始、28歳で独立し、2016年に株式会社ゆいまーるを設立。

現在は2児の子育てをしながら、ママ社長としてITコンサルティング事業やキャリア支援など複数の事業を展開し、学生時代から関心の高かった環境問題に関する取り組みやSDGsにも力を入れている。

活躍する分野は違えど、それぞれが自分のらしさや興味のあるもので仕事をしている二人。

弊社インターン生が司会として質問を投げながら、イベントは進みました。

Q:やりたいことの見つけ方って?

司会:まずは1つ目のテーマ「やりたいことの見つけ方とは?」についてお二人が経験してきたことや大事にしていることをお聞きしたいです。

Romi:自分で”夢のドアを叩き続ける”ことが大事だと思います。つまり、「この人と話したい」「この人と繋がりたい」というのを口に出して発信し続けることですね!

もし、今やりたいことがなくても、そのこと自体を発信することが大事だと思います。

今はなにも見つかっていなくても、何かを探していると発信していると、周りが勧めてくれることもあります。溜め込まず、口にすることが大事ですね。

島袋:私はどちらかというと、現状を変えたいという思いで動いてきた結果、使命感などが見えてきたタイプですね。

当時の会社の人間関係や、キャリアアップについての不安、なによりそれを受け入れないといけない自分の実力の無さが悔しくて、自分で力をつけて自立したいという思いで動いてきました。

逆に言うと、使命感があっても行動力や実践力が伴わなければ何も意味がないので、まずは人と会ったり行動していくなかで自分の魅力や実践力を培っておくことも方法のひとつだと思います。

Romi:あと、自分の想いと、自分のいる環境も大事だと思います。自分の人生に最も影響を与えるのは自分の周りの5人であり、その5人の平均に自分がなっていくとよく言われますが、今まさにそれを実感しています。なので、自分の理想とする人に会いに行ったり、環境に飛び込むことも大事だと思います!

島袋:たしかに。社会人では環境が受動的に変わる機会があまりないので、意識して広げていく必要があると思いますね。

Q:今、改めて大事にしていることとは?

司会:続いて、「今、改めて大事にしていること」はなにかありますか?

Romi:”目標から逆算する”ことと、”原点に帰る”ことです!

自分の目標を決めると、やることが明確になります。時には人の力も借りることも。

そして、迷ったら初心に立ち返るようにしています。目の前のことや日々の作業はとても地味なので、"なぜこの仕事を選んだのか?"に立ち返ることを大事にしています。

Q:やりたいことが多く、一つの仕事に定められません

今回のイベントでは、参加者も一緒になって発言する時間をとりました。

今、ワクワクしていることや、大事にしていることについて自由に発言する時間に、参加者同士でも参考になる話などがあったようです。

そんななか、男性の方から、「やりたいことがたくさんあって、人生の軸を決められません。」というお話がありました。

Romi:仕事がコロコロ変わっても、本人が納得しているならそれでいいと思いますよ。

自分のタイプが、一つのことを続けるより色々なものを体験したい性質なだけかもしれないので、ブレる自分を自分でどう捉えるかだと思います。

島袋:色々なことをやってみるのはいいと思いますが、経済性を確保することも大事だと思います。

経済性が伴わないものは、周りや身内や自分自身を守れないこともあるので、会社員をやりながら、会社以外の時間を使って視野や経験を得ていくことをおすすめします。

経済面を抑えながら、色んなものを試したらいいと思いますよ。

Q:今後のビジョンは?

あっという間に時間はすぎ、いよいよ締めの時間となりました。

司会:最後に、お二人の今後のビジョンをお聞かせください。

Romi:まずは、日焼け止めのガイドラインを作ることです。

そして、最終的な目標は、海に優しい日焼け止めを使うことが当たり前の世の中になり、日焼け止めを売らなくてよくなることです。

昔は、仕事は我慢してやるものだと思っていました。

今は、好きな人に会いにいったり、愛する商品を広めることが仕事であり、やりたくてしかたがないものになっています。

体が動く限りずっと働きたいですね!

島袋:いまRomiさんがおっしゃったことが、最高の状態だと思います!

私のビジョンは、「いつまでも仕事をしていきたいという日本人が増えること」です。

働いている時間は、人生の大きな割合を占めますよね。

ということは、仕事が人生そのものだといっても過言ではないと思います。

また、仕事には、召使える”使事”、自分のための”私事”、そして自分の志のための”志事”の3種類あると思っています。

生きるために仕事をするのではなく、「働くことが自分の人生を輝かせることに繋がっている」と生き生きと働く人を増やしたいですね。

そのために、会社員以外の生き方を知らなかったり、そうしたくても反対されて諦めてしまったりする人たちに対する一つのモデルになれたらいいなと思います。

私は、本当に日本が好きで、海外に行けばいくほど日本の文化の素晴らしさを感じます。

一人でも多くの日本人が、働くことと自分のビジョンが繋がっていて、何十年後も生き生きと働く日本を作りたいです。

分野は違えど、それぞれが自分のビジョンに向かって生き生きと仕事をされているお二人。

1時間という短い時間でしたが、これまでのご経験や将来への想いなど、たくさんの学びを得た時間になりました。

私達ゆいまーる広報部は、今後も様々な業界の方とのコラボレートを通して、キャリアやSDGsに関する発信を行っていきます。

以上、ゆいまーる広報部でした!


【Little Hands Hawaiiについて】
▼HP
https://woome.handcrafted.jp/

珊瑚や海の生物にとって危険な化学物質は使用せず、100%天然成分のハワイで生まれたオーガニックな日焼け止めです。
動物実験をしておらず、子どもでも使用できる安全性と石鹸で落とすことができるという使いやすさ、また、プラスチックフリーで海や子どもにも優しい商品です。

【株式会社ゆいまーるについて】
▼HP
http://yuima-ru-tokyo.com/

▼広報部note
https://note.com/yuimaru_tokyo